2014年06月08日

我は機関投資家(反面教師)

"我は世界最大の機関投資家である。これまで日本国債にばかり投資していたけれど、これからは日本株にももっと投資しようかな、とか考えている。我が投資したら日本株は上がると思うがどうしようかな。"

などといっているのが、日本国民の年金原資を預かり運用しているGPIFである。ここまで愚かな機関投資家はなかなかいない。

日本株の株価上昇の呼び水にしたいという政治的思惑があるにちがいないが(なければもう救いようがないが)、投資行動として愚かであることに変わりはない。

納めている年金保険料(年金税金または年金仕送り金といった方がよいと思われる)がこういう人たちの手に渡っているのかと思うと言葉がない。
posted by SHOJI at 19:00| Comment(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。