2014年02月21日

損益計算書にあらわれない「見えざる利益」

投資エッセイ「ストーリーで読み解く決算書」ドラフト28

(損益計算書にあらわれない「見えざる利益」について)

会社が他社の株式を所有する場合がある。
支配している場合(持分割合が概ね50%超の場合)は、その会社は子会社となる。連結損益計算書において、その会社の利益は持分に応じて利益に取り込まれる。
支配には至らなくとも、重要な影響力を持つ場合(持分割合が概ね20%〜50%程度の場合)、その会社は関連会社となる。これまた連結損益計算書において、その会社の利益は持分割合相当分、利益に反映される(持分法による投資損益として)。

では支配もせず、重要な影響力も持ち得ない場合はどうなるか?ただ受け取った配当収入のみが利益にカウントされるのだ。

例えばバークシャー・ハサウェイという投資会社がある。この会社はアメリカンエキスプレスやコカコーラ、IBM、ウェルズファーゴといった上場企業の株式を所有する。

2012年度において、これら4社が稼ぎ出した利益のうち、バークシャーの持分相当は39億ドルであった。しかし、いずれもバークシャーにとっては子会社でも関連会社でもない。それゆえ、バークシャーの損益計算書上、利益に含められたのは、それぞれの会社から受け取った配当収入11億ドルのみであった。

その差額は28億ドル。会計基準は(米国の基準も日本基準も同じく)その「利益」を損益計算に含めることを認めていないが、実質的にその未反映の利益は、損益計算に含められた他の利益とまったく変わることのない利益である。

バフェットはかつて、このような会計処理のゆがみとして表に現れない利益を含めて計算された利益を「ルックスルー・アーニングス(Look through earnings)」と呼んでいた。最近、この言葉を使っているところは見られなくなったが、株主に宛てた手紙のなかで毎年のように言及し、株主の理解を促している(利益には表れなくとも、価値の増加は長い目で見て市場価格に反映されることになるはずである。この価値、知らなければ認識できず、認識できない者はバークシャーの価値を見誤ることになってしまう)。

さて、日本においてもトヨタ自動車の株主にとって、この考え方は重要となる。トヨタもまた、利益に現れない持分利益を多く持つ会社だからだ(その筆頭はKDDI)。

数年前、日経マネー誌からの依頼でトヨタを分析したことがある。その際、有価証券報告書から読み取ることのできる「損益計算に含められない利益」を計算したところ、無視できない規模の見えざる利益がトヨタには存在することが明らかとなり、その分析結果を日経マネー紙上でレポートした。
このような分析を僕は他に知らなかったので、この記事の市場に与える衝撃を思い、どきどきしたものだが、大して反響はなかった。少々がっかりしたことを憶えている。

※追記
その後、トヨタの株価は大きく上昇した。市場価格は、長期的に見て本質的な価値を反映するものであるからして、合理的な動きである。分析レポートは大して注目されなかったかもしれないが、僕個人の投資にはポジティブな影響があったし、注目してくれたかもしれない投資家の方たちの力になれたはずと考えて、良しとしている。

---
※投資エッセイ「ストーリーで読み解く決算書」は、"楽しい投資研究所 in Google+" サークルメンバー向けに限定公開中です。
"楽しい投資研究所 in Google+" https://plus.google.com/+1toushi/posts

※"楽しい投資研究所 in Google+" をサークルに入れてくださっている方をサークルメンバーにさせていただいております。

※ご興味がおありの方は、(あなたの)Google+にて、"楽しい投資研究所 in Google+" をサークルに加えてください。私に通知が来ますので、こちらでサークルメンバーとさせていただきます(手動です)。

※"Google+"は、Google社が運営するSNSです。こちらが詳しいです。
http://www.google.com/intl/ja/+/learnmore/
posted by SHOJI at 17:52| Comment(0) | 会計と投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。