2015年01月28日

365日かけて会計の本質をじっくり身に付ける方法

今回取り上げるテーマは次の通りです。

・IFRSを任意適用する日本企業とその意図
・365日かけて会計の本質をじっくり身に付ける方法


---
(本編)
日本でも、IFRSを任意適用する会社が増えています。国際化が進んでいるのでしょうか?

※IFRSとは「国際財務報告基準」と訳される会計基準のことです。イファースとか、アイファースなどと呼ばれます(決まっていません)。
日本の上場企業は、望むならばIFRSに基づいて決算書を作り、公表できるということになっています。

経営者たちは、海外からの資金調達を考えているのかもしれません。また、利益のことを考えているのかもしれません。

経営者が利益のことを考えるのは当たり前です。ただ、それは、正当な努力のもとに実体のある価値を生み出すことによってでなければなりません。

IFRSと日本基準との間には大きな溝が横たわっています。両基準の間にある大きな差異のひとつに、のれんの定期償却というテーマがあります。

日本基準はのれんを定期償却することを強制しています。一方、IFRSはのれんを定期償却することを許していません(強制的に不可なのです)。

巨額ののれんを有する会社にとって(いいかえれば、巨額の資金を投じて事業買収を行ってきた会社にとって)、のれんの償却費は損益の面で大きな重荷になるものです。

日本基準に則して行う決算では、のれんの償却費が利益を(いいかえれば経営者の能力を示す指標を)圧迫します。

一方、IFRSを採用する会社にとって、のれんの償却費は負担となりません。その分、利益が(日本基準を適用する場合に比べて)かさ上げされる結果となります。

日本の証券市場に上場しつつ、IFRSを任意適用する会社を眺めてみれば、巨額ののれんを抱える会社が少なくないことがわかります。

このことが何を意味しているのか。

私たち投資家は経営者の意図を透徹する努力を怠ってはならないと思います。

投資家のために(特にこれまで会計に親しむ機会の少なかった投資家のために)、会計
の本質をつかむ一助となれるようにと、メールセミナーをつくりました。
※楽しい投資研究所のオリジナルです。このようなサービスは、他にありません(少な
くとも現状では他に見当たりません)。

有料のセミナーのつもりで開発しました。近いうちにそうするつもりでもあります。
が、今は無料で公開しています。

次のようなセミナーメールが毎日届きます。
ご興味がおありの方だけ、ご登録いただければと思い、お知らせいたします。

---
365日メールセミナー
決算書に強い投資家になるための365ヵ条

第45条:「のれんの償却について理解する」

解説:
・有望な他社を買収すると、のれんという資産が計上される場合が多い(のれんについ
てはあとで詳しく述べる)。のれんは無形の資産。日本の会計基準はのれんの効果が及
ぶ期間内に費用処理することを求めている。

・のれんの効果が及ぶ期間とはいったい何年なのか?5年なのか20年なのか。誰も断定
的に答えることはできない。しかし計算のためには前提をおかねばならない。その前提
を決めるのは誰か?経営者である。

・かように利益の額は、経営者の見積り、判断によって、少なからず影響を受ける。
そしてその判断は長期に亘って企業の業績に影響を与え続ける。
---

365日メールセミナーへのご登録方法
お申込みはこちらから受け付けています。ご興味がおありですか?今すぐどうぞ!
http://www.1toushi.com/mail_steps/


※初出
メールマガジン「投資家さん、会計の勉強しませんか?」
http://www.1toushi.com/mailmag/
posted by SHOJI at 21:04| Comment(0) | 会計と投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。