2015年02月20日

出産祝いと複利と娘の老後

mother_and_a_baby.jpg
【経緯】
・先日、姻族の姪が世に生を得た。妻の妹の娘である。母子ともに健康なのだから喜ばしいかぎり。
・出産祝いにファンドを、と思っていたのだが、ハードルを越えることかなわず、結局キャッシュで渡した。
※記事「出産祝いにファンドを贈る方法」を参照
 http://bahette.seesaa.net/article/414319103.html
・そもそも出産祝いとは誰に対して贈るものなのか。生まれたばかりの姪に対してのものではないような気もしてきたが、ここでは(本質ではないので)特に気にしない。

【本題】
・仮に、受け取った出産祝いのうち10万円を、投資信託に投資するものとしよう。
・利回りは長い目で見て年率8%を期待するものとする(過去100年程度を見るにインフレ調整後で現実的な水準である)。
・毎年、娘の誕生日には、お年玉やお小遣いを原資として2万円を追加投資するものとする。
・すると娘が65歳になる頃にはどうなるか?投資元本は5,180万円となっている。驚きではないだろうか?この記事を書いている僕自身が驚いている。
・ちなみに投資した金額は合計138万円である。
・複利による増殖スピードは人間の(少なくとも僕の)直感をいつも大幅に上回る。
出産祝い投資2015Feb.png
posted by SHOJI at 13:04| Comment(0) | 投資の感性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。