2013年08月13日

ヨーロッパへ行こうとするとユーロが高くなる不思議

※近況報告エッセイであります。

そろそろヨーロッパを訪れたい。なので、ユーロの調達を考えている。
ユーロは実際、いくらが妥当なのか?購買力平価で考えるのがよさそうだ。

国際通貨研究所( http://www.iima.or.jp/research/ppp/ )の算出するユーロ円購買力平価を見てみれば、ユーロはどう考えても90円台前半である。今のレート130円はどう考えても高過ぎる。

ヨーロッパに行くのやめるか、それとも空売りでもしとくか。

posted by SHOJI at 14:39| Comment(0) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月20日

宮城谷昌光の手

※近況報告です。投資の話ではありません。

先日、宮城谷昌光のサイン会に行ってきた。場所は丸の内の丸善・本店。整理券をさいわいにも手に入れることができたのだ。

会場に現れた宮城谷氏は、小柄で、穏やかな風貌で、雰囲気も柔らかく、好々爺然としていた。サイン会に来ていたひとたちは、若い女性から高齢の男性まで幅広かった。

宮城谷氏は、筆ペンで丁寧に一冊一冊サインされていた。集まったファンのひとたちに話しかけられると、やはり穏やかに、にこやかに応えていた。

僕が買ったのは「呉越春秋 湖底の城」の最新刊(4巻)。僕も宮城谷氏のファンなので、ふたことみこと言葉を交わせたらいいな、と思っていたのだが、いざ氏の前に立ったら、何をいっても、出てくる言葉はどうしようもなく陳腐なものにしかならないような気がして、ただ黙って、氏の筆ペンを走らせる手を、見つめることしかできなかった。

氏は、丸みを帯びた、柔らかそうな手を持つひとだった。これが、あの、烈しくも清新で、洞察を敷き詰めたような文章を編むひとの手なのか、と思った。

posted by SHOJI at 00:14| Comment(0) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月16日

少しずつ良くなる

選挙に行って来た。投票所に行列ができているのを初めて見た。

『前回は期待して民主党に票を投じた、なのにひどかった、がっかりだった』と言っている人がいた。
この人は民主党のマニフェストとやらを読んだのか、と思った。現実感のまるで感じられない約束、金をばらまいて票を集めようという魂胆丸出しの、国民を愚弄しているとしか言いようのない施策。一体何を見て投票したのか。

政治家は国民の反映とはよく言ったものだ。ひどい民主党政権の時代はまさしく日本国民を赤裸々に反映したものだった。
民主党の最初の首相には身の危険を感じさせられた。愚かなリーダーを選んだ国家はこうして滅びるのか、と体感することができた。

それでも最後には、自らにとって逆風となるに決まっている消費税増税を進め、財政再建の道を示す野田政権が生まれた。今回の衆院選に臨んでも、一番現実的でしっかりした主張をしているのは野田さんだと思った。

相変わらずのばらまきで、『俺の選挙が第一』の救いようのない政党、政治家もいるにはいるが、良いコントラストになった。

野田さんを首相にできる政党となった民主党には、将来性がある。
世の中は少しずつだけれど着実に良い方向へ向かっている。
posted by SHOJI at 10:52| Comment(0) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月07日

電子新聞が面白い

相変わらずウォールストリートジャーナル電子版を読んでいる。
これのすごいところは、アジア版だけでなく、US版、ヨーロッパ版、ドイツ版のどれでも読むことができること。それぞれのエディションに特色にがある。

それぞれの地域で注目されている事象は当然異なるわけで、それが記事の構成に反映されていて、これまた興味深い。

今朝のトップ記事は、アメリカ(US版)はもちろんアジアもドイツ語版も米大統領選であるが、ヨーロッパ版はそうではない。トップの話題は債務危機への対応やら、「EUはノーベル平和賞を受賞した。経済分野の賞ではない」といった自虐ネタである。

紙の新聞ではこうはいかない。つくづく面白い時代である。
posted by SHOJI at 09:10| Comment(0) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月18日

やれることやるしかないので

フランスが心配だ、ギリシャが心配だ、そもそもうちの国からして借金の大きさは世界一だ、こっちが一番心配だ、などといっていてもなにも始まらないので、今の自分にできることをやるだけである。

「何をやるか」には「何をやらないか」、も含まれる。こと投資に関しては特に、何事かをいかに適切にやるか以上に、やるべきでないことをやらずにいるかの方が大切であるように思う。

いかにやらないか。無為自然とはこういうことだろうか、それともバブル崩壊後の失われた20年を生きたせいでトラウマでも染み着いてしまったがゆえの思考様式だろうか。

いずれにせよ、物事にはいつでもどんなことにでも、ポジティブな面とネガティブな面が併存しているはずなので、心配するのはそういうのが仕事と考えているメディアに任せ、自身の影響力の及ぶ範囲の事柄にのみ意を注ぐのが正しいと信じる。

なので、今世の中で起きていること、起こりつつあることを、ありのままに理解できるよう今日も努める。あと少しでも世の人々のためになるような仕事ができるよう、自分を磨く。

初出 Google+ 2012/05/15
https://plus.google.com/114075077668576642663/posts
posted by SHOJI at 10:32| Comment(0) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月18日

トップガンの思い出

※投資とは全く関係のないお話です。
楽しい投資研究所の「隠し部屋」より

[戦闘機とミサイルと女性上官]

中学生の頃、従兄に連れていってもらったこの映画「トップガン」。トム・クルーズの出世作である。メグ・ライアンもチョイ役で出ている。
ヒロイン役のケリー・マクギリスはきれいだった。トム・クルーズ演じるマーヴェリックは上官の彼女と恋仲になる。

上司の女性とのラヴアフェア。そういえばア・フュー・グッドメンでもヒロインのデミ・ムーアはトム・クルーズの上官だった。そういうはまり役だったのであろう。男にとって憧れのシチュエーションだとでもいうのだろうか。まぁわからぬでもない。

それはさておきトップガンである。海軍エリートパイロットの映画であるからして、戦闘機がガンガン飛んで、ミサイル発射。中学生男子にとってドーパミンが脳に満ちあふれるような映画であった。
音楽もまたいいのだ。ケニー・ロギンスの Danger Zone, ラリー・グリーンの Through the fire, 深夜のベストヒットUSAでも観たりしてた。

個人的にグレーな色合いの時代ではあったのだが、その映像記憶は色鮮やかである。たぶん楽しかったのだろう。


[よみがえる記憶]

時は過ぎて大学4年の春、僕は会計学のゼミに所属していて、よし一丁、公認会計士試験でも受けて通って、会計士として生きていこう、と心に決めた頃である。
仙台のアパートでぼんやりしていたところ、某航空会社の採用担当者から電話があった。

「パイロットになりませんか?」

よみがえるトップガンの記憶、空を疾駆する航空機、上官とのロマンス。僕は即答した。「なりましょう」

ではとりあえず試験を受けてください、と航空会社。仙台で行われた筆記試験は普通に通った。次は面接と心理検査である。交通費、宿泊費の支給を受けて羽田へ向かった。

空港のラウンジから飛行機の離発着を眺めながら、僕は思った。来年からここが俺の職場か。
そんな感慨にふけりつつ、仙台に帰った。

しかしその後、待てど暮らせど航空会社からの連絡はなかった。さようなら僕のトップガン。
一瞬見た春の夜の夢の如き思い出である。

topgundvd.jpg
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B004MKN3SA/katteshohyo-22
posted by SHOJI at 18:41| Comment(0) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

プライベートなグルメ地図

なんとなく作りました。
「プライベートなグルメ地図」
http://bit.ly/fcgzAA

投資とは全然関係ないのだが、投資できるのなら投資したい、そんなお店を掲載している。

なお、二郎マップではありません。

※当ブログ左のプロフィール欄にリンク設置
posted by SHOJI at 23:50| Comment(0) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

ルービン回顧録

※近況報告です。

「ルービン回顧録」なるものを読んでいる。

ロバート・ルービンの自伝的な本。氏はクリントン政権下で財務長官を務めた人物。
ちょっとばかり引用したい。
---
ジュディが扉を開けた。うわっ、美人だ!と私は思った。
(中略)
こうした教養のある魅力的な女性とつきあいを続けることは、自分にはできそうになかった。
そこでジュディに友人数名を引き合わせようと考えた。
そうすればお返しに、私にももっと身のたけにあう女性を紹介してくれるだろうと推測したのだ。

(「ルービン回顧録」 http://bit.ly/90pEHZ
ロバート・ルービン&J.ワイズバーグ著 p96)
---

5年前に買って本棚に埋もれていたのを発掘したのだが、なかなか興味深い。

ウォーレン・バフェットやベン・グレアムもちょっとだけ(本当にちょっぴりだが)出てくる。

ジュディはルービン氏の奥さんになる女性です。
posted by SHOJI at 23:06| Comment(0) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

「世界No.1投資家 バフェットの謎」出版のお知らせです

「世界No.1投資家 バフェットの謎」
http://bit.ly/bv4HMU (アマゾン)

僕の2冊目の本です。技術評論社から出版されます。

3月12日が発売日です(都内大手書店ではすでに先行発売されているようです)。
ただいまアマゾンにて、予約を受け付けてくれています。
価格は1,659円(税込)。
なのでアマゾンでは送料負担なくお買い求めいただけます(お得ですね!)。

文字通り、精魂込めて書きました。

ところで本書には読者限定プレゼントなるものも付いておりまして、本書未収録の原稿と、著者(つまり僕のことです)収録のオーディオブック(20分程度)がダウンロードできるサイトのご案内が挟み込まれています。

これをお読みのあなたにこそ、読んでいただきたい本です。ぜひ手に取ってみてくだされ。

coverb_s.jpg
世界No.1投資家 バフェットの謎
posted by SHOJI at 09:15| Comment(0) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

ビアグラスが当たって嬉しい件

glasses.JPG※近況報告です

ここ数年来、愛飲しているサントリーのプレミアムモルツ(ビール)
シールを4枚集めて1回応募できるグラスセット、
10回目にしてようやく当たりました(写真)

今晩はこれでビール飲みます。
posted by SHOJI at 17:36| Comment(0) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

インフレ注意報発令中(数年内レベル)

※近況報告です。投資の話ではありません。
※楽しい投資研究所より、インフレ注意報を発令申し上げます

思ったこといくつか、記します。
---
こちらの議員さん、名前を見るたびに、あぁ二郎・川崎店に行ってみたいなあ、と思ってしまう http://www.kawasaki-jiro.ne.jp/
---
とか書いたら本当に足を運んでしまいそうでこわいござる
---
勝間和代氏のtwitterをフォローしてみたら勢いがすごくて圧倒されそう
---
アンチデフレ策を国家戦略室に提言するそうでござる。すごいお人だ。しかしお札をじゃんじゃん刷れば問題は解決すると考えているのだろうか?ちと不安になり申した
(参考)http://twitter.com/anti_deflation
---
いまの問題の本質は、お金の量ではなくて信用が損なわれていること・相互不信にあると思う。
即効薬はないけれど、じっくり腰を据えて事に当らねば本当に危険なことになるように思えてならず
---
デフレがストップするまでじゃんじゃんお札を刷ったその先には猛烈なインフレが待っているような気がしておりまする。
その土壌はすでに十分であるだけに、要警戒でござる。
---
世界同時通貨危機は十分あり得る話だけに各国中央銀行の人たちにはしっかりお役目を果たして頂きたいものです。
---
日銀がすべての元凶と考えるのはおかしいと思うでござる。中央銀行に期待しすぎでござる
---
危機だから何かしなければ!と気負い、やるべきでないことをやって物事を悪化させてしまうのは避けたいものでござる。不良債権隠しの会計操作容認とか、金融徳政令(構想)とか、いろいろ手当とか
---
問題の先送りは高くつくでござる。「失われた10年」に学ばねばならんと思うでござる
---
大衆迎合的でなければ政治家は務まらないのでござろうか。民主主義のネガティブな側面でござる
---
大宮で二郎、おいしかったでござる
posted by SHOJI at 07:11| Comment(0) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

モバイル版ツイッター

当方の Twitter を携帯でご覧になりたいとおっしゃる素敵な方へ

同じURL
http://twitter.com/bahette1
にアクセスしていただくか、

同画面の下の方にある「Mobile」をクリックしていただくと良いような・・・気がいたします
※「Standard」で基本表示に戻ります

当方、携帯でウェブを見ない(見れない)ものゆえテキトーですみません

いかがでござろうか
posted by SHOJI at 23:32| Comment(0) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

不景気を追い風にするビジネスとエコの話

※近況報告であります。

少量のごみを入れるビニル袋を、と探したがストックがいつになく少ない。

聞けば、ここ数ヵ月利用しているイオン系ディスカウントストアのせいだという。

そのお店ではビニル袋が有料である。1枚5円。
なので、我が家ではマイバッグを手に、買物に出かけるようになった。

そのお店、品ぞろえも豊富なので普通のスーパーやコンビニを利用することもぐっと減った。で、ビニル袋を持ちかえることもほとんどなくなった。

そういえば、仕事でうかがっているクライアントさんでも売れているのはディスカウント形態のスーパーだ。

不景気とはいえ、いやむしろ不景気であるがゆえに、売り上げが増え続けている。
たしかに利益率は下がり薄利多売傾向は進むが、利益の絶対額が増えていたりするから面白い。

僕「エコだね!」
妻「エコエコアザラシ!」

僕「・・・」
妻「・・・」

僕「なにそれ?」
妻「さあ・・・」

(了)
posted by SHOJI at 21:50| Comment(2) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

ついったー

忙しくて更新できていません。読んでくれているあなたにありがとう。
いま岐阜です。すみません。
たまにこちらでひとこと更新しております。
http://twitter.com/bahette1
よろしければどうぞ。フォロワーもウェルカム。
posted by SHOJI at 00:24| Comment(0) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

バフェット研究、進行中

ウォーレン・バフェット氏について調べている。

いったいなぜ彼だけが、稀有な投資成果を上げることができたのか?

最良の資料はバークシャーのアニュアルレポートと結論付けた。

しかし読みやすい英語とは言い難いので、辞書をひきひき、登山するかのように一歩一歩読み進めている。

成果としては、今年中に出版したい、と思っている。本のタイトルは「バフェットの謎」(仮題)。

アニュアルレポートに含まれる「バフェットからの手紙 (Chairman's
letter)」をさかのぼって読んでいくにつれ、これまでのイメージとは異なる彼の意外な人物像が垣間見えてきた、ような気がしている。実に興味深い。

いずれバフェット本人にもインタビューしてみたいものではある。

※仕事を成し遂げるには、いかに時間を確保するかがカギ、と見つけたり。
posted by SHOJI at 20:02| Comment(4) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

心、荒れておりました

※近況報告です。投資のお話はございません。

慌ただしい の 「慌」は、心が荒れたと書く

心が荒れていると、深い考えができなくなる。思考が浅くなる

そういう状態では、最良でも現状維持がせいぜい

慌ただしい・忙しい(心を亡くした状態)なんてのは、意識してもうやめよう、と思った今日この頃
posted by SHOJI at 11:03| Comment(0) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

寿司を食べた話・アタフタした話

今日はお昼に寿司を食べた。

食べに行こうか迷ったのだが、せっかくの休日、のんびりしようと宅配を依頼。(自宅近辺はデリバリーが充実しているのだ)

お寿司は30分後にやってきた。

ご苦労さまです、と寿司を受け取った。

と、

寿司屋さん「すみません、ちょっとよろしいですか?」

僕「はい?」

寿司「もしかして、雑誌に連載とかされてます?」

聞けばこの方、経済誌などを読んで勉強されているとのこと。

「(日経マネーの)記事読みました。表札を見て、前から気になっていたのです」と寿司屋さん。

まさかこんなところで声をかけられようとは。

予想だにしなかったのでアタフタしてしまった(らしい)(妻・談)

びっくりしたが、読者さんにお会いできるのは嬉しいことである。ありがたし。

寿司もたいそう美味しゅうございました。
posted by SHOJI at 18:47| Comment(0) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

ストレスと免疫力とか

※近況報告。言い訳。スミマセン

豚インフルエンザ、弱毒性なのが救い。
警戒は必要だけれど、怖がりすぎたりストレスを感じすぎたりすると、からだの免疫力は落ちる。本末転倒。

人間、やるべき仕事が残っているうちは、そうそう死ぬもんじゃない。それくらい大きく構えているくらいがちょうどいいのではないか。

僕の仕事も終わらない。書かねばならぬ原稿がマヂで進まず苦労している。
※会計士業界の繁忙期、執筆に割ける時間が絶対的に少ないのだ(注:言い訳)

僕はまだ死ねないのである。
posted by SHOJI at 11:31| Comment(0) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

今日も二郎 というお話

※近況報告です。

今日は目黒でお仕事。

ランチはいかがいたしましょうか?ご一緒している方々に聞いた。

決まったのは、

ラーメン二郎 目黒店

注)僕が誘導したわけではナイ。

ご一緒したのはいま最も脂ののったプロフェッショナル、I澤さんとT山さんである。

ご感想は?

「しょっぱい」
「麺が固い」
「食べても食べても麺が減らない」


僕はとてもおいしい、と思います。

---
posted by SHOJI at 14:37| Comment(0) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

地震は許さない というお話

※近況報告でしょうか?

僕にとって今一番怖いもの

それは地震だ。
机に積んだ本が崩れるから。

積むまい積むまいと常日頃思っているのに、気が付いたら山のように積まれている本・雑誌。

いくらでも収められる本棚が欲しい。家を建てるとしたら書斎と図書室を別々に設けようと思っている。

立地はそうだな、ジュンク堂の隣であればどこでもかまわない。

ミサイルはそうだな、撃つというのなら撃ってもらってかまわない。ただし地面を揺らしたら許しませぬぞ。
posted by SHOJI at 06:33| Comment(0) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。